ローン

家電ローンについて

皆さんは、家電を購入する時にどのように購入していますか?

今まで使っていた家電を買い替えたいや、壊れてしまったから新しいものが欲しいを思った時に、家電は金額が高いので現金をすぐに用意できず、ローンを組んで何回かに分けて、分割払いにして購入する人もいるのではないでしょう。

現金が用意できないからと言って、購入しない訳にはいかないと思うので、結局は分割払いになってしまうのです。

ですが、分割払いで家電を購入する時に覚えておくといいことがあるのです。 初めは、分割払いの購入方法についてです。

・クレジットカードで購入する時
クレジットカードを既に持っている方なら、限度額の範囲内であればいつでも分割払いを利用することが出来ます。

・家電量販店のローンで購入する時
家電量販店で分割払いの相談をしてみると、そのお店が提携している信販会社に立て替えてもらうというローンを組むことができ、分割払いにすることが出来るようになっているようです。 このような方法を「ショッピングクレジット」を呼んでいます。

・メーカーのローンで購入する時
自分が買おうとしている家電メーカーのホームページから直接パソコンや家電を購入する際に、分割払いを選択することが出来るのです。 この方法は、ショッピングクレジットのメーカー版と思っていただければいいと思います。

・キャッシングやカードローンで購入する時
分割払いとは少し異なりますが、消費者金融や銀行などに現金を借り、代金を支払う方法になっています。この時は、もちろん貸出実施の審査があります。

クレジットカードの分割には、メリット・デメリットなどがあります。
●メリット
すでにクレジットカードも持っている方であれば、家電を購入する時に審査なしで分割払いを利用することが出来ます。 また通常のローンとは違い、利用することでポイントが貯まっていきます。 ただしポイントの種類やシステムは、自分がお持ちのカードによって異なります。 そして月々支払う金額を抑えたいのであれば、リボ払いを利用するということも出来ます。ですが、リボ払いを利用すると、月々支払う金額は少ないですが、支払期間が長くなってしまい、利息が大きくなってしまう傾向があるようなので、利用を考えている人は気を付けなくてはいけません。

●デメリット
ショッピングクレジットと比べると、支払回数が少ないですが、24~36回払いであれば十分だと思います。

クレジットカードを1枚も持っていない方であれば、カードを作る必要があります。 ですが、クレジットカードの申し込みから発行までに、最低でも数日から1ヶ月程度かかってしまいます。

有名なクレジットカードと家電量販店との提携のクレジットカードなどについて紹介していきます。
●楽天カード
これは楽天ユーザー必携のクレジットカードです。 入会者には2000ポイント(1ポイント1円です。)をプレゼントしたりなど、お得な入会キャンペーンを行っているようです。 ポイント還元率は1%で、楽天市場を利用した時には、常にポイントが2倍になります。 先ほども書きましたが、1ポイント1円で、楽天市場などの各楽天サービスで利用できますし、全日空のマイルへの還元も出来るようです。

●P-Oneカード
P-Oneカードの最大な特徴は、ポケットカード加盟店やMaster Card加盟店で利用をすると、どこでも1%オフになります。 買い物で利用できるのはもちろんですが、公共料金を支払うことも出来るようになっているようです。ポイントを貯めなくても、利用したその場で還元されるので、お得だと思います。

●エディオンカード(オリコカード)
家電量販店での利用に特化しているカードのようです。 このカードの最大の特徴は、30万円以上の商品を購入する際に特別低金利クレジットというものが利用できる所が特徴で、これであれば最高で100回まで分割ができるようですし、金利も最高10.5%の低金利になります。

家電などを購入すると長期保証が付いてきますが、年間費に1,029円かかってしまいます。

●ヨドバシ ゴールドポイントカード・プラス
このカードは、ヨドバシカメラのポイントカードにクレジットカードの機能が付いています。 ヨドバシカメラで色々な物を購入している人なら、お得なサービスがあるようです。

他社の物に比べると、金地も低く抑えられていて、支払いの回数も60回の長期ローンを組むことも出来ます。

●ヤマダLABIカード(UC)
このカードはヤマダ電機とUCカードが提携しています。 ヤマダ電機で利用すると、10%のヤマダポイントが付き、1000円で1ポイント付きます。 このポイントは、永久不滅なポイントになっています。また1ポイント1円になっていて、ヤマダ電機で使うことが出来ます。

●ビックカメラSuicaカード(JCB、VISA)
このカードは、ビックカメラとSuicaが提携しています。


ビックカメラのポイント還元率は10%になっているので、ビックカメラで1000円のお買い物をすると、100円相当のポイントが付くのです。

ビックカメラのポイントも1ポイント1円で、全国のどこのビックカメラでも利用することが出来るのです。 またこのポイントをSuicaにチャージすることも出来るようになっていますので、すごく便利ではないでしょうか。

限度額が10万円の仮カードであれば、即日に発行も可能のようです。

このようにカードによって、色々異なります。 今回は、クレジットカードを中心に書かせていただきましたが、参考になったでしょうか?

家電などを購入する際に、分割払いでローンを組む時のであれば、本体の値段と最終的に支払う利息の合計をしっかり計算するようにしましょう。